質屋と身だしなみの関係

質屋に行くときにあまり汚い格好をすると逆に査定が下がってしまいます。と言うのは……。

質屋に行く前に知っておきたいこと

質屋と身だしなみの関係

「質屋はお金を貸してくれる所」イコール「貧乏そうな格好をした方がたくさん貸してくれるだろう」イコール「ボロボロの服を着ていこう」何となくそんな感じが正解の様ですが、実はそれは大きな間違いです。

一丁のスーツを着て行けとは言いませんが、出来れば「小ぎれい」な身だしなみをしていく方が、査定は高くなるのです。(もちろん質屋の好みもあるでしょうが・・・)

質屋は「物を預かって利子を取る」事が本業です。【参考資料|質屋の開業や利用

その預かった物は期限が来れば質屋の所有物になるのですが、それが100%貸した金額以上で販売できるとは限りません。

また、売れなければ在庫となり、お金が動きません。

つまり「出来れば早い時期にお金を返してもらい物を持って帰って欲しい」わけです。

となると「なるべく早く返してくれる人かどうか」が査定の基準となります。

その基準の一つが「服装」なのです。

あまりにもボロボロの服装であると「この人は多分、流す(期限が来てもお金を返さない)だろう」と判断をして、安い査定となってしまうのです。

もちろん査定の金額もさることながら、胡散臭い人がやってくるとその品物まで「危ないんじゃないか」と思われかねません。

企業の面接ではありませんが、人と人との交渉ごとです。

けっしてパジャマ姿などではいかないようにしましょう(笑)

< 関連情報サイト>
中古専門ブランド市場

Copyright (C) fumbleview.com. All Rights Reserved.

質屋に行く前に知っておきたいこと