質屋に自分の物が!

質屋に盗まれた自分の物があった場合は、盗まれてから1年以内なら無償でかえしてもらえます。

質屋に行く前に知っておきたいこと

質屋に自分の物が!

「盗まれた物が質屋にあった」

「泥棒に入られて大切なダイヤの指輪を盗まれた。

が、そのダイヤが今、目の前の質屋のショウウインドウに飾ってある」

さて、こんな場合はどうなるでしょう?

結論から言うと「盗まれてから1年未満であれば、タダで返してもらうことが出来る」です。<質屋営業法第二十二条参照>

もちろん「古物商」として買取をした場合も同様の扱いです。<古物営業法第二十条参照>

ただし、質屋にとっては迷惑な話です。

と言うのも、もちろん店のショウウインドウに飾っているぐらいですから「盗品」とは思わず、泥棒にお金を払っているからです。

それをタダで返せと言われるのですから、上記法律があるにもかかわらず結構、同様のケースで揉め事が起こっている様です。

例え犯人が見つかったとしても、犯人は質屋に借りた金を返す事はないでしょうし、返すとしてもそれはかなり後の事となるわけですから、この場合、損をするのは質屋だけです。

従って、一般的には「警察にも捜査の協力をしたんだから」と折半になる場合が多いようですが、こうなると今度は被害者(ダイヤを盗まれた側)は「なぜ自分の物を返してもらうのに金を払わないといけないのか」と黙ってはいません。

よって、元に戻りますが、かなりもめているケースがあるようです。

< 関連情報サイト>
中古専門ブランド市場

Copyright (C) fumbleview.com. All Rights Reserved.

質屋に行く前に知っておきたいこと